トップ>お客様サポート>ICVからのお知らせ>出雲ケーブルビジョンとNTT西日本との協業について

出雲ケーブルビジョンとNTT西日本との協業について

出雲ケーブルビジョンとNTT西日本との協業について

2019年1月30日
出雲ケーブルビジョン株式会社
西日本電信電話株式会社

出雲ケーブルビジョンとNTT西日本との協業について
〜光コラボレーションモデルによるテレビ・電話・インターネットのワンストップ提供〜

出雲ケーブルビジョン株式会社(本社:島根県出雲市、代表取締役社長:今岡 余一良、以下「出雲ケーブル」)と西日本電信電話株式会社(本社:大阪府大阪市中央区、代表取締役社長:小林 充佳、以下「NTT西日本」)は、出雲ケーブルが島根県出雲市で展開する放送サービスと、NTT西日本の光アクセスサービス等※1とを活用し、出雲ケーブルの主要提供エリアの放送サービスの光化並びに、約5万世帯を対象とした光アクセスサービスの拡充を目的とした協業を展開していくことで合意しました。
※1 NTT西日本が提供する「フレッツ 光ネクスト」または光コラボレーション事業者が提供する光アクセスサービスです。

1. 背景
 出雲ケーブルは、1992年より島根県出雲市にて放送サービスを提供していますが、近年、インターネットの高速大容量化や4K・8K放送等、放送・通信サービスの高度化等が求められており、その対応に向けて、お客さまへ負担をかけることなく既存の同軸ネットワークの更改・移行について課題を抱えていました。
 一方、NTT西日本では、2015年2月より光アクセスサービスを卸提供する「光コラボレーションモデル」を開始し、多様なサービス提供事業者との価値創造を進めてきました。
こうした背景の中、出雲ケーブルとNTT西日本は、出雲市内のお客さまへ、早期に、且つ高度な放送・通信サービスを提供していくことを目的に、光アクセスサービスを活用した出雲ケーブルの放送サービスの光化並びに、光アクセスサービスの拡充に向けて、今回の協業に至りました。

2. 協業の概要
 出雲ケーブルは、島根県出雲市のフレッツ光提供エリア(約5万世帯)に対し、NTT西日本の光コラボレーションモデルを活用して、ケーブルテレビ放送、インターネット、電話を提供するとともに、フレッツ 光ネクストや他の光コラボレーション事業者が提供する光アクセスサービスへも放送サービスが提供可能となります。本協業により、出雲ケーブルは既存の同軸ケーブルによる放送から、光ファイバーを活用した放送サービスに早期に切り替えることが可能となり、さらにお客さまには、光回線を利用した電話、インターネット等をご利用いただけます。
 なお、詳細なサービス提供内容等については、別途、出雲ケーブルよりお知らせします。

※2 インターネットのご利用には、本サービスに対応したプロバイダーとの契約が必要です。

<サービス提供イメージ>

3. サービス提供開始時期
 2019年秋頃を予定

4. サービス提供エリア
 島根県出雲市※3
※3 サービス提供エリアについては、別途お知らせいたします。

5. 各社の役割
 ■出雲ケーブル
  ・NTT西日本の光アクセスサービスを活用した放送・通信サービスの提供
  ・ケーブルテレビ提供エリア光化の促進
 ■NTT西日本
  ・光アクセスサービスの提供
  ・光アクセスサービス移行に向けた技術支援等

6. 今後の展開
 出雲ケーブルは、出雲ケーブルのサービス提供エリア内の既存同軸ネットワークを、今後数年以内に光コラボレーションモデルを活用した光アクセスサービスに移行させることにより、地域の皆さまの快適で先進的なテレビライフの実現に向けて取り組んでまいります。
 一方、NTT西日本は、出雲ケーブルの既存の同軸ネットワークの光化を円滑に進めるために、出雲ケーブルに対して、ネットワーク切り替え時の様々な技術的課題の解決に向けた支援等を実施してまいります。また、本モデルを、老朽化した同軸ネットワーク更改や、新たなお客さまの開拓に悩まれている他のケーブルテレビ事業者さまへ展開して、課題解決を支援してまいります。